【終了しました】製造業界での【実働】を実現するAIカメラ
~テクノロジーと導入事例を徹底解説~

セミナーの主な内容

人口減少に伴う労働力不足、作業品質のばらつきの解消、生産性効率化など、いま製造業で現場に求められる課題は切実です。近年、このような課題解決の一助としてIoTやロボティクス技術、AIなどを融合させた製造業向けソリューションに注目が集まっています。中でもAIにより異常を未然に検知する予知保全や、人による目視検査を自動化するカメラソリューションの導入は様々な企業で加速しております。その一方で、導入意欲はあるものの導入~実運用に対するノウハウがなく、スケール感、コスト感が掴めない企業にとっては導入ハードルが高いことも事実です。

本セミナーでは、様々な製造業における不良品検知や外観検査などの最新AIソリューションをご紹介するほか、具体的な導入条件、課題解決につながる活用事例など、動画を交えて徹底解説します。

グローバル化に伴う、激しい競争に打ち勝つために、「今」何が必要なのか。本セミナーが、皆様の事業展開において少しでもお役に立てれば幸いです。

具体的にこんな活用事例を紹介予定です!

①工場の生産技術、技術開発部門向けの活用事例
・課題:部品製造ラインでの目検によるの不良品検出はヒューマンエラーによる検出漏れが生じるため、品質の維持が難しい。
・効果:製造ラインに設置したAIカメラにより高速に流れるラインでも不良品を検出、検査精度の向上につながります。

②物流業界、倉庫業の管理部門(安全衛生・品質管理)向けの活用事例
・課題:敷地内において車両による事故が発生しているので安全管理をしたい。
・効果:車両に設置したAIカメラが周辺の物体や人物検知をし、ドライバーにアラート。車両ごとのアラート情報は管理部門にもフィードバック可能なので、動態管理にも活用できます。

※当日は動画を交えて実際のAIカメラによる検知の様子を解説します。

こんな方にオススメ

製造業・物流業において
・AIで何ができるのかを知りたい方
・AI活用を検討している方
・現場の作業効率向上・改善に興味のある方

セミナー概要

  • 参加費:無料
  • 日時:5月26日(火)14:00~14:45
  • 先着人数:100人
  • 注意事項:同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。

セミナー参加の流れ

  • 専用フォームからセミナーに申し込んでください。
  • 開催日時までにWEBセミナーのURLを登録されたメールにお送りします。
  • 開始時間になったら、セミナーのURLにアクセスしてください。

終了しました

※セミナーの追加開催を準備中です。ご要望の方はお手数ですがそちらからご参加ください。

講師情報

菊地 陽介 (Kikuchi Yosuke)
2002年法政大学卒。大手センサメーカに入社し技術営業に従事。 半導体・電子部品業界・輸送業界など様々な業界を歴任する。 WillSmartでは製造業の知見とAI製品の活用例の知見を合わせ、製造業や物流業向けのソリューション展開統括を行う。

関連記事

  1. ウィズコロナでニーズが高まる!公共交通機関の混雑度可視化ソリューション…

  2. 【好評につき追加開催】乗降者データの収集からマーケティングへの活用策ま…

  3. 【好評につき追加開催】製造業界での【実働】を実現するAIカメラ~テクノ…

  4. 【終了しました】MaaS時代の新しいカーシェアの形と社会課題解決実践例…

  5. 【終了しました】乗降者データの収集からマーケティングへの活用策までを徹…

  6. 【好評につき追加開催】MaaS時代の新しいカーシェアの形と社会課題解決…